スポンサードリンク

日本一の長距離旅客列車

トワイライトエクスプレスは、JR西日本が大阪駅〜札幌駅間で運行する臨時寝台特急列車です。
昭和63年3月の青函トンネル開業、そして4月の瀬戸大橋開業により、鉄道で四つの島が結ばれ新しい時代の幕開けとなりました。

20時間以上の時間をただ移動するために乗るのではなく、旅の時間を楽しめ、乗った時から旅が始まる、という事をコンセプトに豪華な設備、質の高いサービスを提供する為に生まれたのがトワイライトエクスプレスです。

下り列車は1,495.7kmを21時間4分かけて、上り列車は1,508.5kmを22時間47分かけて運行します、日本一の長距離旅客列車なんですよ。このトワイライトエクスプレスは臨時列車扱いのため、定期列車のみでの最長記録は「はやぶさ」の1,315kmです。

「いい日旅立ち」をBGMに大阪駅を出発。
 クルージング時代に相応しい旅の楽しさを満喫出来るハイグレードな列車として、平成元年7月21日正午に大阪駅を出発したトワイライトエクスプレス。
営業運転として初めて大阪から札幌まで1500kmの道のりを走破し、21時間の列車の旅の始まりです。
posted by トワイライトエクスプレス at 16:56 | トワイライトエクスプレスとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。