スポンサードリンク

日本一の長距離旅客列車

トワイライトエクスプレスは、JR西日本が大阪駅〜札幌駅間で運行する臨時寝台特急列車です。
昭和63年3月の青函トンネル開業、そして4月の瀬戸大橋開業により、鉄道で四つの島が結ばれ新しい時代の幕開けとなりました。

20時間以上の時間をただ移動するために乗るのではなく、旅の時間を楽しめ、乗った時から旅が始まる、という事をコンセプトに豪華な設備、質の高いサービスを提供する為に生まれたのがトワイライトエクスプレスです。

下り列車は1,495.7kmを21時間4分かけて、上り列車は1,508.5kmを22時間47分かけて運行します、日本一の長距離旅客列車なんですよ。このトワイライトエクスプレスは臨時列車扱いのため、定期列車のみでの最長記録は「はやぶさ」の1,315kmです。

「いい日旅立ち」をBGMに大阪駅を出発。
 クルージング時代に相応しい旅の楽しさを満喫出来るハイグレードな列車として、平成元年7月21日正午に大阪駅を出発したトワイライトエクスプレス。
営業運転として初めて大阪から札幌まで1500kmの道のりを走破し、21時間の列車の旅の始まりです。
posted by トワイライトエクスプレス at 16:56 | トワイライトエクスプレスとは

ゴージャスな列車旅

トワイライトエクスプレスは「夕日の沈む黄昏の日本海、そして北陸路、越後路を眺めながら、豪華でゴージャスな一夜を過ごす。目覚めればそこは北の大地・北海道、そして札幌」をコンセプトに、今までにない豪華な空間を演出する列車です。

トワイライトエクスプレスの運転日時は、基本的に札幌行は月・水・金・土曜、大阪行は火・木・土・日曜ですが、実際には、それ以外の曜日にもトワイライトエクスプレスを利用したツアーなど団体専用列車として運行されていて、列車自体はほぼ毎日見かける事が出来るのです。

ゴールデンウィークの6月中旬〜8月中旬、そして年末・年始や札幌雪まつりなど繁忙期には、ツアーを休止し、毎日運行扱いとなります。

また、途中までディーゼル機関車牽引の上、下りの始発駅が大阪ではなく和歌山や豊岡まで運転された事があるのです。

トワイライトエクスプレス列車番号は、下りが「8001」上りが「8002」です。

車掌は大阪駅〜蟹田駅間をJR西日本大阪車掌区が、蟹田駅〜札幌駅間をJR北海道函館運輸所が担当しています。なお、大阪車掌区の本列車担当車掌は緑を基調に、ホテルをイメージした専用の黒い制服を着用しています。
posted by トワイライトエクスプレス at 16:54 | トワイライトエクスプレスの旅

客車

トワイライトエクスプレス全車が既製車両の改造車ですが、従来の「寝台列車=ブルートレイン=青」というイメージを覆し、深緑に黄色の帯を1本締めるという、独自の塗色となったのです。

2002年秋までに全編成のリニューアルが完了し、内装は「木のぬくもり」をテーマにした木目調の壁などに変更され、7号車にあるミニサロンには本革のソファーが設置されるなど、豪華列車としてのグレードが以前よりも向上しました。

また、サロンカー「サロンデュノール」では、ワイドな窓一杯に拡がる景色を観ながらのんびりとくつろいだり、あるいは親しい人との語らいの時間を過ごすというように、今までの鉄道が忘れかけていたもの、飛行機やバスでは味わえない旅情を演出します。

レストランカー「ダイナープレヤデス」では、夕日を見ながらワイングラスを傾け、トワイライトエクスプレスの走る沿線で採れた素材をふんだんに使ったフランス料理のフルコースディナーを賞味できます。

合わせて、外装も、金色(黄色)の帯の上下に銀色の縁取りが追加され、車体側面にあるエンブレムも、細かい部分のデザインが変更されるなどしているんです。

繁忙期の毎日運転期間中は全3編成がフル稼働となるんですが、それ以外の時期でも旅行会社等が主催するツアーの為の団体貸切専用列車として運転される日もあるため、かなりの比率で全3編成が稼動する事が多いのです。
posted by トワイライトエクスプレス at 16:50 | トワイライトエクスプレスの旅

トワイライトエクスプレス停車駅

大阪駅 、トワイライトエクスプレスが「いい日旅立ち」をBGMに大阪駅を出発。

→ 新大阪駅 → 京都駅 、京都を過ぎるとちょうどランチタイムです。

敦賀駅 敦賀を過ぎると北陸トンネルを通過します。ご希望のお客様にはトンネル通過時に車掌がトンネルの説明をさせて頂きます。


→〔武生駅〕→ 福井駅 、福井を過ぎ、列車は石川県へと入ってゆきます。加賀温泉郷、白山を抜けるとそこは、加賀前田家、百万石の城下町金沢です。

→〔加賀温泉駅〕 → 金沢駅 → 高岡駅 → 富山駅 → 直江津駅 、夕闇がゆっくりと辺りを包む頃、森鴎外の「山椒太夫」の舞台となった直江津へと到着します。

→長岡駅 → 新津駅 → 〔京ヶ瀬駅〕 → 〔村上駅〕 → 〔鶴岡駅〕 → 〔酒田駅〕 → 〔秋田駅〕 → 〔大久保駅〕→ 〔大館駅〕 → 〔弘前駅〕→ 〔大釈迦駅〕

→(青森信号場)、青森に入り、トワイライトエクスプレスは深夜青函トンネルを通過します。
 青函トンネルは長さ53.85km、世界最長のトンネルです。青函トンネルの歴史は古く、昭和21年の地質調査から始まり、数々の困難を克服し昭和63年めでたく開通となり、本州と北海道が海の下を通る一本のレールで結ばれました。


→〔蟹田駅〕 - 〔新中小国信号場〕 - 〔矢不来信号場〕 - (五稜郭駅) - 洞爺駅 - 東室蘭駅 - 登別駅 - 苫小牧駅

→ 南千歳駅、札幌は目前 、窓から差し込む朝日で目覚めたら朝食の時間です。

→ 札幌駅、トワイライトエクスプレスが無事北海道、札幌へと到着。
posted by トワイライトエクスプレス at 16:49 | トワイライトエクスプレスの旅

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。